ベイシアが上場!Beisia株のIPOをゲットしたい人のためのサイト!

ベイシアが上場!Beisia株のIPOをゲットしたい人のためのサイト!

今、東日本を中心に勢いのあるベイシアに上場の噂が!

スーパーマーケットやホームセンター、作業着などの専門店、不動産、物流など、
生活に密着したサービスを展開しているチェーングループです。
2015年2月期のグループ売上が2800億円。
それを早期にグループ売上1兆円を目指す!と謳うこの勢いは、株価にも跳ね返ってきそうですね!

 

つまり上場前の株購入のIPOが熱い!ということです。

 

過去に、私個人が大きな利益を出し、嬉しかったものでいうとサイバーダインです!
モビットの公式サイトはこちら
初値が8510円、3700円で購入し、数量が100で、
約48万円の利益となりました。

IPOで上記のような利益を出すにはどうしたらいいでしょうか?

まず、株を購入しましょう!
そのためには、証券会社で口座を開くことが第1歩にして、重要な作業になります。

 

私の経験上、以下の3社がオススメです。

マネックス証券 カブドットコム証券 SBI証券

マネックス

マネックスは個人顧客でも大口と同じ条件で当選出来る一人一票制度を導入しています。また、株式手数料が最安値であることもメリットな証券会社です。
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

カブコム

カブドットコム証券は全会員が平等に抽選される抽選方式なので、当選確率が上がります。サブ口座として持っておくには最適の証券会社です!
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

SBI

SBIはポイント制度を設けていて、抽選が外れたとしてもポイントが付与され、次回申し込み時ポイント利用をすると当選確率が上がるシステムがあります!
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

 

3社を推す理由を説明する前に、まずIPOの特徴を。

IPOは市場に分配される株の数が最初から決まっています。
しかも、一般顧客の購入前に、大口顧客へ優先販売されてしまうのです。
その残ったIPOを抽選で当選して購入するという流れです。

 

つまり、当選への道は狭き門、、、
一般投資家の私たちはどうすれば、、、

 

と思われるでしょうが、
あるんです、当選確率をあげる方法が!!

 

そのコツの一つが上記3社で口座を開くことです。

 

理由1

上記3社はIPOの主幹事になることが多い。
主幹事とは、分配された株を、一番多くもつ証券会社のことです。
主幹事になる証券会社が、IPOの7〜8割を引き受けるからです。

 

以下、SBI証券が主幹事の例
モビットの公式サイトはこちら
上記の表のように、引き受ける枠が大きければ、当然、当選確率も上がるというわけです。

 

上記3社だと「SBI証券」「カブドットコム証券」が主幹事が多いです。
「カブドットコム証券」は、三菱UFJグループの証券会社なので
もしも三菱UFJ証券が主幹事を務めた場合、IPOを取り扱うことが多いです。

 

理由2

公平な抽選をしてくれる証券会社を選びましょう。
主にネット証券(すべてではありません)が、
大口顧客、一般顧客に関係なく、平等に抽選を行ってくれます。
上記3社だと「マネックス証券」「カブドットコム証券」

 

「SBI証券」は抽選なんですが、株購入数が多い人ほど、当選しやすい方式です。
資金があれば有利ですね。

 

理由3

「SBI証券」のポイント制を利用する。
SBIは、もしはずれてもポイントが貯まります。
そのポイントを利用して申し込むポイント抽選というユニークな制度があります。
ポイント保有数が多いひとから順に当選していきます。
それではずれても、ポイントは失効しないので、安心です!

 

以上の理由で、私はこの3社にそれぞれ口座を開いています。
もちろんたくさん口座を持つことは可能ですが、
厳選された確率の高いサイトで購入した方が効率がいいですよね。

 

口座開設料・維持費は無料ですが、IPO購入のための資金は入金しないといけないので、
自分のお財布事情と相談して、口座開設数を決めていきましょう!

マネックス証券 カブドットコム証券 SBI証券

マネックス

マネックスは個人顧客でも大口と同じ条件で当選出来る一人一票制度を導入しています。また、株式手数料が最安値であることもメリットな証券会社です。
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

カブコム

カブドットコム証券は全会員が平等に抽選される抽選方式なので、当選確率が上がります。サブ口座として持っておくには最適の証券会社です!
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

SBI

SBIはポイント制度を設けていて、抽選が外れたとしてもポイントが付与され、次回申し込み時ポイント利用をすると当選確率が上がるシステムがあります!
公式ページはコチラ公式ページはコチラ

 

小売・流通業界の台風の目になるかベイシア!?

ベイシアと言えばスーパーマーケットのイメージですが、
ホームセンターの「カインズ」や作業服の専門店「ワークマン」もグループ会社だったなんて、
身近にベイシアグループが、沢山あったんですね。
他にも、電気屋さんや旅行代理店、カー用品店もやってて、企業パワーをバリバリ感じますね〜!

 

スーパーには、嫁さんのリクエストで、よく買い出しに行きます。
もうどこに何があるか、体で覚えちゃってます!
あと仕事で遅くなった時は、惣菜コーナーでお弁当などを買うんですが、安くてうまくてびっくりです!
知らない方は一度言ってみたほうがいいですよ〜!

 

ワークマンでは学生時代にお世話になりました。
工事現場のアルバイトをしましたが、その時ワークマンで色々買いましたし、社員の方もよく利用してまいた。
一度は着てみたい働く男のフォーマルウェアっすね!!

 

イオンや、7&iなどの大手が全国的に、そのシェアを拡大していますが、
個人的には、もっと他にもあっていいんじゃないの?と思うわけです。
ベイシアには、そこに食い込んでもらいたいですね〜!

 

消費税増税や、TPP協定で、食料品や日用品購買の関心は高まるばかりです。
ベイシアがこの波に一石投じることができるかどうかも興味があるところです。

 

私は、グループ総売り上げ1兆円を企業目標に掲げる勢いを買ってみたいと思います!
そして日々、ベイシアグループで買い物を楽しむのであります♪